宮城の土地探しではチラシに騙されないこと

宮城で土地探しをしようと思ったら、まず探す方法の一つとして、不動産業者のチラシを見る人も多いと思います。

チラシというのは、無料で知らぬうちに手に入るなど、情報としては比較的気軽に入手することができます。

宮城においても、土地売買のチラシが多く見られます。

不動産業者の土地のチラシといえば、土地だけには限りませんが、チラシというのは基本的には売主が知らせたい情報を目立たせ、そして知られたくない情報は小さく載せるものです。

チラシを参考にする場合は、小さく掲載されている情報も隅々までしっかりと読む様にしましょう。

チラシをしっかり見ておけば、回避できる失敗は多くあります。

チラシを利用した土地探しでのトラブルにはどんなものがあるのかといえば、建てたい家を建てられない土地であったということです。

例えば、鉄筋コンクリートの家にしたいとか、地下室を作りたいと思ったのに、都市計画道路の規制があって、木造建築の家しか建てられなかったという様なことです。

土地の立地条件や価格だけにとらわれないで、建てられる条件もしっかり把握しましょう。

その他、私道に面した土地を購入したら、私道を利用する権限がないために建築するために私道の使用許可をもらう必要ができたという様なこともあります。

気持ちよく所有者が許可してくれればまだ良いですが、そうとも限らないので、注意が必要ですね。

また、チラシには家の参考プランが掲載されている場合もありますが、実際にその土地にはその大きさの家は建てられなかったという様な基本的なミスもあります。

チラシの情報はしっかり見ること、鵜呑みにしないで疑うくらいの気持ちでいてもいいかもしれません。